ちっちゃな力持ち

小さな嫁のちっちゃな頑張りの記録

反抗期 VS お母さんのアイディア  

b a
ここのところ 私から注意されるとあからさまに嫌なのを顔や態度に出すさくら
お父さんの場合はそんな事ないので、私がしっかりしていないせいでしょうか?

公文のプリントや漢字検定を解いている時に漢字の書き順や細かな部分の誤りを注意すると
物凄くイラっとした態度で 漢字の本を見て書き直します
しかし、私の注意を受けた時点でさくらは どこかキレることができるところを探し初めているので
開きっぱなしにならない漢字の書き方の本を最初のターゲットに決めると
”も~ぅ!!!なんで閉じるのよ!!”等不満をブツブツ
これを見ていると私もイライラ
そこで 簡単ではあるけど 本が閉じるのを防止できる装置(恰好良く言えば)を考えました
そして、さくらが当り散らして壊すことも考え 壊されてもショックを受けない程度の簡単な物をつくりました。
オムツの入っている袋の持ち手の部分を切り取って、両端を布テープで補強し
そこに太めのゴムを縫い付けて終了!
お菓子の箱の蓋に本を置いて、ゴムを掛ければ 本が閉じないし、持ち手の透明なので文字が隠れない
フフフ 反抗期に勝ったわぃ
さくらが帰ってきて 漢字検定の問題を解いている時に使わせてみると
感想がないどころか、2度目からは 本に筆箱を載せて閉じないようにしていました。
ちぇっ このアイディアは使えないってことか・・・ 
今回の勝負は負です。
 [ 2013/05/10 22:07 ]  サクライフ(育児日記) | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

小さな嫁

Author:小さな嫁
2007年6月生まれの娘と2012年8月生まれの息子と親ばか夫婦の日々の記録です。
こちらから引っ越してきたので、昔の記事は写真が入っていなかったり、見にくい点があるかもしれません。

携帯版ブログのアドレスはhttp://yomer.blog36.fc2.com/?m です。

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード